エアコンを取り付けするならプロに依頼するのがいい

設置と配管工事

エアコン

適した場所を選んでから

エアコンは、購入して持ち帰っても、そのままの状態では使用できません。室内機と室外機とを、それぞれ適した場所に設置した上で、接続しなければならないのです。そのため、その知識や技術がないという場合には、専門業者に取り付けを依頼する必要があります。業者は、依頼主の要望を聞いた上で、エアコンを安全に取り付けることのできる場所を模索します。依頼主がリビングでの取り付けを希望している場合には、リビング内で最も適した場所を探すわけです。室外機は庭やベランダなどに設置する必要があるので、室内機は多くの場合、それらに面している壁に取り付けられます。そしてそれぞれを設置した後、配管パイプで接続するのです。配管パイプを通すためには、壁に穴を開ける必要があるのですが、業者にはその工事も任せることができます。業者は、まずは壁に適度な大きさの穴を開け、そこにエアコン専用のスリーブを取り付けます。そしてそのスリーブ内に、配管パイプを通して固定するのです。業者によっては、スリーブを使わずに直接配管パイプを通すのですが、この場合は固定のためにパテが使われます。その後は、配管パイプ内から余分な空気を抜いて真空状態にした上で、エアコンの試運転を行います。冷房運転にも暖房運転にも問題がなければ、エアコンの取り付け作業は完了となります。取り付け費用は1万円前後が相場で、施工時に業者に支払うことが一般的です。しかしエアコンを購入した店舗で取り付け工事を依頼した場合には、購入費用と一緒に支払うことになります。

室外機とエアコン

完璧な設置は業者に任せる

エアコンの取り付けは特別な器具が必要で、穴あけ作業も行なわなければいけない状況もあるため、業者に任せてしまったほうが安心です。ただし、シーズンによっては混みますので、その時期を避けて仕事を依頼するのが無難でしょう。

業務用エアコン

馬力の違いが魅力

家庭用エアコンとはその馬力が大きく違う業務用エアコン、その選定には価格や取り付け費用ももちろんですが、エアコン設置後のアフターフォローの有無も大切なポイントとなります。定期的なメンテナンスや修理がトータルコストの削減にも繋がり、結果的に経費削減に役立つというわけです。

エアコン

衛生的に利用できます

エアコンクリーニングを行うことによって、素人では手が届かない内部のカビや雑菌の除去を行うことができます。嫌な臭いなどの除去にも役立つため、定期的に大阪にあるエアコンクリーニング専門業者を利用することをおすすめします。